[PR]

 神奈川県平塚市の民家で昨年2月、一人暮らしの高齢女性が殺害された事件で、県警は15日、東京都大田区の斉藤義伎(23)と、奈良県の河島楓(22)の両容疑者を強盗殺人と住居侵入の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。事件後に女性の私物が使われていたことから、男らの関与が浮上したという。

 平塚署特別捜査本部によると、無職の鳥海広子さん(当時80)が平塚市札場町の自宅で倒れて亡くなっているのを昨年2月22日午前11時過ぎ、訪ねてきた長女が発見した。司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死だった。捜査関係者によると、鳥海さんの首にはひも状の痕が残っていたという。

 鳥海さんは持病の治療で同月20日に病院を受診。翌21日には自宅近くの畑で作業していたという目撃情報があったという。2人の逮捕容疑は、この頃以降、事件発覚までの間に鳥海さん宅に侵入し、鳥海さんを殺害し、金品を奪ったというもの。

 県警は、事件後の鳥海さんの私物の使用履歴から、周辺の防犯カメラを解析するなどして男らを特定。事件当時、連絡を取り合っていたことも確認した。今後、金品被害について詳しく調べるとともに、他にも関与した人物がいる可能性もあるとみて捜査を進める。