[PR]

 尖閣諸島沖(沖縄県)の日本の接続水域を中国海軍の潜水艦が潜没航行していたことが確認され、日本政府が警戒感を強めている。

日本政府の反応を探る意図?

 今回の潜水艦について、日本政府は米軍などの情報で中国の港を出て東シナ海に向かう動きを把握。海上自衛隊の護衛艦が宮古島付近を潜航中の中国海軍のものとみられる潜水艦を確認し、追跡を始めた。尖閣諸島沖の接続水域に入った潜水艦を追って海自の護衛艦も接続水域に入ったことで、洋上にいた中国軍艦が海自の護衛艦を追跡する形で接続水域に入った形だ。

 杉本正彦元海上幕僚長は「海自の注意喚起にもかかわらず進入したのは明らかに意図的な誇示がある」と指摘する。「作戦海域の広域化と能力を日本と米軍に見せつける狙いがある」と話す。

 中国の国内法では、中国は自国の接続水域内で違法行為などを取り締まる権利があると規定し、関係当局は中国の法律に違反した外国船を緊急追跡する権利を持つとしている。実際、中国国防省は11日のコメントで、海自の護衛艦が「釣魚島(尖閣諸島の中国名)の接続水域に入ったことから中国海軍艦艇が追跡し監視していた」と説明。尖閣諸島を自国の領土と主張する中国側が、艦艇の動きは国内法に基づいた適切な行動だったと示そうとした。

 中国当局は潜水艦の動向については一切言及していないが、関係筋の間では潜水艦が接続水域に入ることで海上自衛隊や日本政府の反応を探ろうとした可能性もあるとの見方がある。

 一方、日本政府は特に日本や在日米軍を念頭にした動きが強まっているとみて警戒する。

 防衛省によると、昨年1月、中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら