[PR]

 強い冬型の気圧配置の影響で、13日朝も北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が続いている。気象庁によると、午前6時現在の各地の積雪量は、新潟市で平年の8倍の64センチとなっているほか、富山、石川など北陸地方の各地で平年の約2~5倍に達している。近畿や中国地方でも日本海側を中心に平年を上回る積雪量となっている。同庁は大雪や路面凍結による交通障害などに警戒するよう呼びかけている。