[PR]

 将棋の全棋士らがトーナメントで頂点を争う第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦が13日、名古屋市で開幕した。観戦が可能な公開対局として行われ、大勢のファンが羽生善治竜王(47)らの対局を見守った。

 朝日杯は持ち時間が各40分の早指し戦。14日までの2日間で、16人が出場する本戦の1、2回戦の一部を行う。この日の午前は、羽生竜王と高見泰地(たいち)五段(24)、元竜王の糸谷哲郎八段(29)と第10回の優勝者、八代弥(わたる)六段(23)が対戦し、羽生竜王と八代六段が勝った。両者は午後の2回戦(準々決勝)で4強をかけて対戦する。

 羽生竜王にとっては国民栄誉賞の受賞が決まった直後の公開対局。来場者が間近で観戦できるよう用意された200近い席は、満席となった。川崎市の香川静さん(26)は、母の裕美さん(55)と2人で駆けつけた。「私は高見五段、母は羽生竜王のファンなので、『見に行くしかない』と思った。すごく近くで見られるので、緊張しました」と話した。

 会場の東桜会館(名古屋市東区)の別フロアでは、大きな盤を使った解説会も行われた。

 14日は、佐藤天彦名人(29)と永瀬拓矢七段(25)、地元の愛知県では初の公式戦となる藤井聡太四段(15)と澤田真吾六段(26)が対戦。勝った2人が4強入りをかけて戦う。観戦チケットは完売した(解説会は当日券あり)。

 棋譜と大盤解説会の模様は、朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/)で中継する。(村瀬信也

こんなニュースも