[PR]

 サウジアラビア西部ジッダで12日にあった同国男子プロサッカーリーグの試合で、同国の競技場での試合で初めて、女性の観戦が許された。「アバヤ」と呼ばれる黒い伝統衣装で全身を覆った女性たちが、スタジアムに設けられた家族連れの専用席でひいきのチームに声援を送った。

 サウジは保守的なイスラム教国で、公共の場では不特定多数の男女が同席するイベントは避けるべきだとされている。スポーツ観戦は男性に限られてきた。

 しかし、2015年に即位したサルマン国王と、息子のムハンマド皇太子が主導する改革で、様々な規制が解除されつつある。昨年9月には、世界で唯一禁止されている女性の車の運転を今年6月に解禁すると発表。政府は女性の社会参加などで経済を活性化し、石油に頼る経済からの脱却を目指している。(ドバイ=渡辺淳基