[PR]

 前橋市の県道で9日朝、自転車の女子高校生2人が乗用車にはねられ、重体になった事故で、運転していた前橋市の川端清勝容疑者(85)=自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で逮捕=の車が、現場から約130メートル手前の交差点で対向車線の車のサイドミラーに接触していたことがわかった。現場にはブレーキ痕がなかったという。

 県警は、対向車線側の路側帯で2人をはねたことや目撃情報などを踏まえ、川端容疑者が交差点で接触した直後から対向車線に入り始め、逆走して事故を起こした可能性が高いとみている。

 川端容疑者は9日午前8時20分ごろ、県道で乗用車を運転し、前橋市内の高校へ通学途中だった1年生と3年生の女子生徒をはね、重体を負わせた疑いがある。2人は頭を強く打つなどして意識不明という。

 前橋署によると、川端容疑者の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら