[PR]

 石川県は13日、除雪作業をしていた高齢女性が死亡したと発表した。県などによると、12日午後6時半ごろ、同県輪島市の無職高林コトさん(91)が自宅前の側溝に転落していると、家族から消防に通報があった。病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 輪島市は、高林さんが過って側溝(深さ30~35センチ)に転落したとみている。側溝には水が流れており、死因は溺死(できし)だったという。金沢地方気象台によると、12日の輪島市の最深積雪は49センチだった。

 福井県では、自宅屋根の雪下ろし作業中に転落したお年寄りが、雪に埋もれて窒息死した。福井署によると、13日午後0時5分ごろ、永平寺町竹原の無職、朝日郁雄さん(83)が、雪下ろし作業中に転落するのを近所の人が目撃、家族に知らせた。朝日さんは屋根から約6メートル下の雪の中に埋もれているのが見つかり、近くの病院に運ばれたが、死亡が確認された。