[PR]

(13日、ラグビー日本選手権大会決勝 サントリー12―8パナソニック)

 肉体的、精神的に苦しむ最終盤の攻撃と防御に、サントリーの強さが詰まっていた。

 4点リードで迎えた後半33分。自陣スクラムからサントリーは攻撃しながらボールを保持。カウンター攻撃が得意な相手にボールを渡さないように、ラックを連取し、時間を稼ぐ。

 約6分にもわたった約40回の連続攻撃で、敵陣深くまで進んだ。しかし反則で一転、自陣5メートルまで陣地を後退させられた。

 並のチームなら逆転を許す場面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも