[PR]

 警視庁高井戸署刑事組織犯罪対策課の40代の男性警部が今月上旬、通行人の女性に抱きついたとして東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されていたことが、同庁への取材でわかった。警部は酒に酔っていたといい、「女性に声をかけたとは思うが、その他はよくわからない」などと話しているという。

 同庁によると、警部は5日深夜~6日未明、東京都立川市のJR立川駅周辺で女性に抱きついた疑いがある。警部は帰宅途中で、目撃者から申告を受けた立川署員が取り押さえた。女性はそのまま現場から立ち去ったという。勾留請求が却下されたため警部はすでに釈放されており、同庁は任意で調べている。