[PR]

 長崎市の長崎駅で13日、豪華な車内でスイーツのコース料理が味わえるJR九州の観光列車「或(あ)る列車」の車内見学会が開かれた。2015年8月の運行開始以来初めて。きらびやかな姿を一目見ようと、親子連れや鉄道ファンら約1千人が詰めかけた。

 或る列車は、豪華寝台列車「ななつ星」を手がけた水戸岡鋭治氏がデザイン。2両編成で、この日は主に1号車が公開された。明るい色調の木製テーブルと椅子が並び、床には花柄のカーペットが敷かれるなど、ロマンチックな雰囲気が演出されている。

 週末を中心に今年6月までは長崎―佐世保間で運行。基本プランは大人1人2万5千円から。10歳未満の子どもは乗車できないことから、この日の見学会は「特にお子様に楽しんでほしい」とJR九州が企画した。

 夫が「或る列車」を運転してい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら