[PR]

倫理、政治・経済

 大問構成は倫理分野、政治・経済分野から各3問。小設問はすべて「倫理」「政治・経済」それぞれの出題内容と同一。

【難易度】やや易化

【全体概観】

 出題形式としては、倫理分野、政治・経済分野から大問が各3問ずつ計6問、小設問はすべて「倫理」「政治・経済」それぞれの出題内容と同一であった。また政治・経済分野で2013~2015年度にあった「倫理、政治・経済」オリジナルのリード文は本年度もなく、すべて「倫理」「政治・経済」単独からの流用であった。また、倫理分野が前年度と比べて1問減少したため、小設問は36問となった。

 本年度も「倫理」と「政治・経済」の全分野から網羅されるように設問が選択されている。したがって、倫理分野、政治・経済分野ともに十分な準備をしておかないと高得点は望めないであろう。全体としてはオーソドックスな出題が多く、難易度は昨年よりやや易化した。

設問別分析

【第1問】現代社会分野・青年期分野

 リード文は「倫理」第1問と共通であった。出題内容は、青年期、社会主義者とヒューマニズム、マズロー、資料文読解、センであった。センの「潜在能力」について深く問われた問5以外は、学習を積み重ねてきた受験生ならば容易に解答できる問題である。

【第2問】源流思想分野・日本思想分野

 リード文および小設問のベースは「倫理」単独科目の第3問(日本思想)であり(7題中5題が「倫理」第3問と共通)、2題が「倫理」第2問(源流思想)と共通問題であった。出題内容は、日本の神、八正道、日蓮、江戸時代の学者、欲望を探究した思想家・宗教者、三宅雪嶺、趣旨読解であった。問2の八正道は2014年度本試験の「倫理」でも出題されているが、今回は選択肢のうちの二つに「六波羅蜜」という明らかな誤りを含ませており、難易度を下げている。問4と問5は、それぞれ出版業、欲望と、視点を変えて出題しているが、求められる知識は標準レベルである。問6の三宅雪嶺は一見難しそうだが、問題文にヒントが出ている。正答の選択肢もそれに対応しているので、素直に選びたい。

【第3問】源流思想分野・西洋近代思想分野

 リード文および小設問のベースは「倫理」単独科目の第4問(西洋近現代思想)であり(7題中5題が「倫理」第4問と共通)、2題が「倫理」第2問(源流思想)と共通問題であった。出題内容は、パウロ、ロック、自然をめぐる西洋の思想、資料文読解、歴史に名を残す書物の内容、趣旨読解であった。全体的に基礎的な事項が出題されている。問3と問5は時代横断的な問題であるが、近年よく出題されているパターンであるから、過去問に取り組んでいた受験生は正答できたであろう。

【第4問】近代国家の役割と変遷

 リード文は「政治・経済」第1問と共通で、すべてそこから小設問が抜粋されている。出題内容は、リード文の穴埋め、基本的人権、アメリカとイギリスの政治制度、法の支配、需要曲線・供給曲線、ローレンツ曲線、エネルギー(電力)、日本の安全保障であった。問5は問題の設定から、どちらの曲線が動くかを判断すればよい。問6は選択肢を一つ一つしっかり読み、グラフと比較して正誤判断すること。その他の小設問は基礎・標準レベルであった。

【第5問】国内外での経済格差

 リード文は「政治・経済」第3問と共通で、すべてそこから小設問が抜粋されている。出題内容は、リード文の穴埋め、南北問題・南南問題、一次エネルギーに関する表の読み取り、社会保障制度、教育費支出に関する表の読み取りであった。おおむね基礎・標準レベルの問題であったが、教科書では読み流してしまいそうな所で述べられている「トレード・オフ」が出題された問1や、各国の一次エネルギーの特色を把握しているかが問われた問3は、解答に時間がかかったかもしれない。

【第6問】男女共同参画社会

 リード文は「政治・経済」第4問と共通で、すべてそこから小設問が出題されている。出題内容は、政治制度に関する一定の知識を基にした表の読み取り、国会の種類・議院の会議、アファーマティブ・アクション、労働に関する法律、違憲とされた法制度であった。問4の労働に関する法律がやや細かい程度であるが、できれば全問正解したい。

新高3生への学習アドバイス

◆教科書の内容を確実に身につけよう

 センター試験対策で基本となるのは教科書の内容です。「倫理、政治・経済」では「倫理」と「政治・経済」の2科目を学ぶ必要があるので大変ですが、両方合わせても世界史や日本史の教科書1冊程度ですから、格別に負担が重いということはありません。とはいえ、高校の授業では「倫理」と「政治・経済」が十分に学習できないケースもあるので、できるだけ早くから教科書の内容をしっかりマスターし、実践的なトレーニングを進めることが求められます。

◆暗記よりも内容理解を

 「倫理」と「政治・経済」では、知識よりも1つ1つの内容の理解が大切です。社会科は暗記だと思っている受験生は考えを改めてください。倫理分野でも政治・経済分野でも、常に「なぜそうなるのか」という問題意識を持って学習を進める必要があります。まずは手あかで汚れるくらい何度も教科書や参考書を読み、用語の意味が分からなければ用語集を参照して、最終的には教科書の巻末の索引にある用語を見たらその内容を容易にイメージできるくらいにまで到達しましょう。

◆思想家のことをよく知ろう

 特に倫理分野については暗記科目と捉えてしまうと、なかなか用語が頭に入りません。用語集などに出ている思想家のプロフィルもよく読み、それらの思想家がどのような時代に生き、どのような問題意識の下で何を主張したのかをつかむことを目指してください。倫理資料集などで原典(その思想家が書いた著作等の一部の日本語訳)を読んでみると、その思想家の考え方がより分かりやすくなるでしょう。また、センター試験「倫理」の過去問の選択肢文を読んでみるのもよいでしょう。選択肢文はある思想家の思想の説明などを簡潔に述べているので、理解の手助けにもなります。

◆普段からニュースに関心を持つこと

 「政治・経済」の教科書に記載されていることは、テレビや新聞などで報道される現実のニュースに直結しています。そのため普段からニュースに関心を持ち、教科書のどの部分に関連するかの意識を持つことが大切です。「政治・経済」分野では、教科書では対応しにくい直近の事件が出題されることがありますが、これは教科書の範囲外から出題したというのではなく、教科書中のあるテーマに関連した出題です。このことからも、テレビや新聞などを通じて学習できる項目は、実はかなりたくさんあることが分かります。こうして身近に考えることで政治や経済の事項に関する理解力が養われ、応用問題に遭遇しても十分に力を発揮できるようになります。『現代社会の最新時事』や、最新の政治・経済資料集、現代社会資料集などに触れておくことも有効です。ただし、時事的事項の名称だけをなんとなく「知っている」気分になり、その背景や理論、歴史を知らないために選択肢で「知っている」用語に惑わされて正解にたどりつけない、ということは避けなければなりません。「知っている」つもりになっている用語に関して理解を深めていくためには、今後試験本番までに、1日1項目、15分でもまず教科書や参考書を読むとよいでしょう。単にセンター試験への対策をするのではなく、常識力養成のための基礎力増強トレーニング、というぐらいの気持ちで勉強を開始してみてください。情報インプットとして『政経ハンドブック』(東進ブックス)を徹底して学習し、制度・しくみの定義はもちろん、その存在理由、問題点、対策をしっかり読み取ることが大切です。

 その上で、アウトプットとして『倫理、政経 一問一答』(東進ブックス)でトレーニングを行うとよいでしょう。もちろん、過去問(「倫理、政治・経済」だけでなく「倫理」や「政治・経済」も)を解き、知識を定着させるとともに、センター試験の問い方の形式にも慣れてください。センター試験では限られた時間内で正確に解答する力が求められます。東進のセンター試験本番レベル模試は、年間のカリキュラムでセンター試験と同一レベル・同一形式の問題演習を繰り返します。積極的に受験して、自らの学習進度を測る物差しとして利用してください。

新高2生へのアドバイス

◆「倫理、政治・経済」とは

 公民科はかつて「政治・経済」「倫理」「現代社会」に区分されていましたが、2012年度から新たに「倫理、政治・経済」という科目が登場しました。難関校が指定科目にする例が多いので、志望校の指定科目に注意してください。「政治・経済」は中学で学習した公民の範囲を深く学ぶものですが、「倫理」は人間の内面的な問題を主に扱う分野で、おそらく初めて学習するものでしょう。歴史に名を残す思想家や宗教家が、理性の限界点や普遍的な真理など、一生を懸けて追い求めたものを概観する科目です。この2科目が、配点50点ずつで出題されます。「倫理」や「政治・経済」で扱われる内容は、様々な思想家や宗教家の遍歴や思想内容を知ることで皆さんの人生を精神的に豊かにし、政治や経済の理論を知ることで現実に起きる事象の理解をより深めることでしょう。ですので、高2生のうちは、単に受験のために必要な知識を蓄えるだけでなく、自分にかかわらせて考える、ということも行ってみてください。

◆「政治・経済」「倫理」それぞれの概要を理解しよう

 「倫理、政治・経済」は地理や世界史、日本史よりも簡単だと甘く見ていると、「政治・経済」「倫理」の両分野を網羅的に学習できないままに入試本番を迎えることになりかねません。とりあえず両分野の教科書を通読し、どんなテーマが取り扱われるのかということだけでも押さえることが大切です。専門的な用語や細かい事項は後から深めていくことができますので、概要を頭に入れることを目指しましょう。特に政治・経済分野は制度、しくみや理論の構成の正確な理解が必要なので、『清水の新政治攻略 政治のしくみと時事』『清水の新経済攻略 経済理論と時事』(東進ブックス)などで早いうちに基本を押さえておくと、高3生になってから学力をより高めることができるでしょう。センター試験では限られた時間内で正確に解答する力が求められます。東進のセンター試験本番レベル模試は、年間のカリキュラムでセンター試験と同一レベル・同一形式の問題演習を繰り返します。高2生でも受験できるので積極的に受験して、自らの学習進度を測る物差しとして利用してください。(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも