[PR]

 13日の大学入試センター試験で、受験生向けの専用電話で入試センター職員が誤った内容を回答し、受験生の試験開始時刻が3時間遅れるトラブルがあった。

 トラブルは「地理歴史」と「公民」の受験時に起きた。別の教科だが、同じ時間に試験を行う。1科目受験か2科目受験かによって開始時刻が異なり、当日に科目数を変更することはできない。

 受験生は2科目受験で出願したが、後から1科目に変更したいと考え、12日に電話で問い合わせた。「(他の科目を合わせて)4科目で登録したが、3科目で受けられるか」と質問し、職員が「できます」と回答したという。

 受験生は13日、1科目受験の開始時刻前に東京都内の試験会場に到着したが、当初は会場に入れてもらえなかった。事情を説明した後も、入試センターが職員に事情を聴いて確認し、別室に会場を設けるのに時間がかかった。

 両教科の試験開始時刻をめぐるトラブルは毎年起きており、入試センターは受験生や関係者に注意を呼びかけていた。センターは「ミスが起きた」と認め、「受験生には申し訳ないことをした」と謝罪した。(増谷文生)