[PR]

 沖縄本島中南部で12日、2年ぶりにあられが観測された。正午~午後1時ごろに各地で目撃されたほか、沖縄気象台も午後2時半から1分間、那覇市樋川で観測した。那覇での観測は2016年1月25日以来。この日、県内14の観測地点で今季最低気温(午後5時現在)を更新した。7地点で10度を下回り、最も低かったのは国頭村奥の7・4度だった。

 気象台によると正午~午後3時ごろ、本島地方上空1500メートル付近では氷点下3度の強い寒気が流れ込み、この時間帯に雨雲のあった中南部にあられが降ったとみている。

 南風原町新川の開邦高校では同0時40分~1時ごろ、あられが降った。体育館にいた2年の仲宗根雅人さんと瑞慶覧翼さんが外を見ると、「小石が降っている」「雨なのに、地面に当たると跳ねた」と気付いた。遠くでは「キャーッ」「ワーッ」と、生徒たちの歓声が聞こえた。

 あられは当初約2ミリだったが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら