[PR]

 愛媛県大洲市河辺町の山あいにある北平地区では、大雪の影響で集落が孤立状態になっている。同市では14日以降、除雪作業を進めるという。

 地区で暮らす84歳の男性によると、雪の影響で集落から県道に出る道の通行が困難になり、男性が分かる範囲でも集落の約10世帯が孤立しているという。高齢者が多いという。男性宅では12日から13日夕方までは停電が続き、カイロで寒さをしのいでいたといい、「近所の人とは電話で連絡を取り合って、いまのところはみんなの無事を確認している」と話した。

 また、北陸地方では雪による死亡事故が相次いだ。

 福井県永平寺町竹原で13日午後0時5分ごろ、無職朝日郁雄さん(83)が、自宅屋根の雪下ろし作業中に転落し、雪に埋もれて窒息死した。福井署によると、転落するのを近所の人が目撃。朝日さんは屋根から約6メートル下の雪の中で埋もれているのが見つかった。

 石川県宝達志水町では13日午後5時半ごろ、無職高野清治さん(85)が自宅裏のビニールハウスの下敷きになっているのを妻が発見し、消防に通報。搬送先の病院で死亡が確認された。県警や消防によると、高さ約3メートルのビニールハウスが雪の重みで倒壊し、中で作業をしていた高野さんはその下敷きになったとみられる。

 また、同県輪島市でも12日午後6時半ごろ、除雪作業をしていた無職高林コトさん(91)が自宅前の側溝に転落していると、家族から消防に通報があり、病院で死亡が確認された。側溝には水が流れており、死因は溺死(できし)だったという。