写真・図版

[PR]

 人工知能(AI)を使って、医師の診断を助けたり、X線やCTの検査画像をチェックさせたりする研究も進んでいる。

 日本で広く知られるようになった契機は、米IBMのAI「ワトソン」だ。同社と東京大医科学研究所は2016年、急性骨髄性白血病の60代女性について「原因となる遺伝子変異を、AIが約10分で突き止めた」と公表。得られた情報を元に抗がん剤を選んだところ、2カ月で退院できるほど効果があったという。

 AIが医療での活用を期待される背景には、論文や症例の報告など、医師が読まなければならない資料が年々増えていることがある。東大医科研の宮野悟・ヒトゲノム解析センター長は「医師が人海戦術で様々な文献やデータベースを調べるのは限界がある」と話す。

 ワトソンの特徴は、2千万本以上の医学論文や薬の特許情報のデータを学習していることだ。データと患者の遺伝子情報をもとに病名や効果的な治療につながる情報を医師に示している。現在、診断に必要なデータを網羅できるよう改良中だ。

 これまで、専門医の目に頼って…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら