[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は13日、オーストリアのバートミッテルンドルフでフライングヒルによる個人第12戦(HS235メートル、K点200メートル)が行われ、45歳の葛西紀明(土屋ホーム)が216メートルと227メートルを飛び、395・0点で今季初の1桁順位となる5位に入った。

 アンドレアス・スティエルネン(ノルウェー)が229メートル、226メートルの407・6点でW杯初勝利を挙げた。

 日本勢はいずれも平昌五輪代表で、竹内択(北野建設)は22位、小林陵侑(土屋ホーム)は28位。小林潤志郎(雪印メグミルク)は1回目が186メートルで31位にとどまり、今季初めて2回目に進めなかった。(時事)

こんなニュースも