[PR]

 山形の子どもたちは全国平均に比べ「身長が高く、体重も増えているが、ぜんそくの割合が増えている」ことが、文部科学省の2017年度学校保健統計調査結果(速報)で分かった。肥満も増え、年齢が高くなるほど目が悪くなる傾向も浮かび上がった。

 全国の幼稚園から小中高校の5~17歳のサンプル調査。山形県内では、計156校で身長などの発育状態で約1万3千人、視力など健康状態で約5万6千人が対象になった。

 調査によると、身長は男子は全年齢で、女子は17歳以外で全国平均を上回り、男子は5歳(111・4センチ)で、女子12歳(153・1センチ)と16歳(158・3センチ)で全国1位だった。体重は男女ともに全年齢で全国平均を超えており、女子は12歳(45・6キロ)が全国1位。健やかな成長が期待できるという。

 一方、裸眼視力が1・0未満の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら