[PR]

 スウェーデンの衣料品チェーン「H&M」が黒人への差別的な表現を使ったパーカの広告を掲載したとして、南アフリカ国内で抗議行動が先鋭化、複数の店舗が襲撃に遭った。

 問題となったパーカには「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE(ジャングルの中で最もかっこいい猿)」と記され、黒人の少年に着せた写真をカタログに掲載した。同社は9日までに謝罪したが、「人種差別だ」と批判が相次いでいた。

 黒人の権利擁護を訴える野党「経済的解放の闘士」(EFF)が支持者に抗議行動を呼びかけ、13日に南アフリカ国内にある17店舗のうち、6店舗が襲撃された。洋服が床に散乱したり、マネキンが壊されたりするなどの被害が出たほか、一部店舗ではデモ隊が店舗に侵入して商品を略奪した。警察がゴム弾を使用したが、けが人はいないという。

 同社は、スタッフの安全確保な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも