[PR]

 大相撲初場所は14日、東京・両国国技館で初日を迎え、県内出身としては30年ぶりの幕内力士となった甲府市出身で東前頭16枚目の竜電(27)が西前頭15枚目の錦木(にしきぎ)を上手投げで下し、白星スタートを切った。2日目の15日は、東前頭17枚目の大奄美と対戦する。

 錦木は高田川部屋の竜電と入門が同期で、幕内10場所目。立ち合いに頭同士で当たった後、竜電が素早く左をさした。右から絞るような形で上手を取ると、前へ出ながら上手投げで錦木を土俵上に転がした。

 高田川親方からは「お前はスピードが命。スピードスターになれ」と言われている。持ち味を発揮した取り口だった。

 竜電は「攻めることができたの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら