【動画】韓国・平昌の冬の風物詩「マス祭り」=白井伸洋撮影
[PR]

 2月に冬季五輪が開かれる韓国・平昌(ピョンチャン)で、凍った川の上に、まるで五輪マークのように色とりどりのテントが並んでいる。2007年に始まった平昌の冬の風物詩「マス祭り」の会場で、500張りのテントの中では家族連れらが氷に開いた穴から、マス釣りを楽しんでいる。

 主催団体によると、会場は川をせき止めて凍らせるが、今季は特に寒さが厳しいため、例年に比べて1週間ほど早く凍ったという。訪れた人々の中には厚手のコートに、帽子、マスク、耳当てをして寒さ対策をする姿もあった。いけすの中のマスを手づかみするイベントもあり、半袖短パン姿の参加者らが寒さに震えながら、いけすに飛び込んでいった。(白井伸洋)

関連ニュース