[PR]

 NHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんが14日、13日から走り始めたばかりのJR九州「西郷どん新幹線」で鹿児島に「里帰り」した。鹿児島中央駅で観光関係者や乗降客らから熱烈な歓迎を受け、駅構内のPRパネルにサインをした。

 鈴木さんは自前の大島紬を着用し、西郷どん姿の自分があしらわれた車両から降り立った。鹿児島訪問は放送が始まってから初めてで、鈴木さんは「お帰りという声もいただき、故郷に帰ってきた感じでうれしかった」。春前には奄美での撮影も始まるといい、「気持ちはもう奄美モード。鹿児島本土だけでなく、奄美のことも皆さんにたくさん知っていただければ」と語った。

 「西郷どん新幹線」(1編成、6両)はJR九州と県が企画し、博多―鹿児島中央間を走行。鈴木さんのほか、大久保利通役の瑛太さんや西郷の妻・糸役の黒木華さん、桜島などもデザインされている。ダイヤは同社のHPに掲載している。(ライター・知覧哲郎)