[PR]

 セクハラ行為で出場停止処分を受けた立行司・式守伊之助に代わって大相撲初場所の結びを裁く三役格の式守勘太夫が、初日の14日に差し違えた。

 結び前の稀勢の里―貴景勝戦で、先にひじが落ちていた稀勢の里の西方に軍配を向けた。「ひじがついたのは見えたけど、体勢(相撲の流れ)が頭をよぎった」と説明した。

 伊之助は3場所の出場停止処分を受けた後に辞職するため、もう土俵に戻ってこない。今後は三役格の筆頭である勘太夫が結びを務めていくことになる。「(結びでも)気持ちは変わらない。変わらないように心がけたい」と話した。

こんなニュースも