[PR]

(14日、大相撲初場所)

 4場所連続の休場から再起をかける稀勢の里は、最後の詰めを誤った。

 回り込まれながらも足は出ていた。逆に押し込まれた場面をしのぎ、貴景勝の体勢を崩した勝負どころ。突いた右腕を取られ、逆転された。行司も差し違えた際どさで、観戦した横綱審議委員会の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「惜しかったなあ」。

 支度部屋ではしばらく口をへの字にした稀勢の里。ようやく発した言葉は「うん、明日しっかりやります」。左のおっつけは力が伝わっている? 「まあね。またここから」。休場した4場所は全休した秋場所を除くと、いずれも初日につまずいている。気持ちの切り替えに懸命の様子の横綱だった。

こんなニュースも