[PR]

 昨年12月、東京都新宿区新宿3丁目の質店で現金が奪われた事件で、警視庁は15日、中野区本町3丁目、無職近藤晃弘容疑者(33)を強盗傷害容疑などで逮捕し、発表した。「200万円の借金があり、家賃を払えないのでやった」と容疑を認めているという。

 捜査1課によると、近藤容疑者は昨年12月19日午後6時20分ごろ、「大黒屋新宿二番館」で男性従業員(41)に果物ナイフを突きつけて現金92万3千円を奪い、鉄パイプで男性の頭を殴打して軽傷を負わせた疑いがある。

 タクシーなどで逃走する姿が近くの防犯カメラに映っていたほか、自らもナイフでけがをしており、現場付近には近藤容疑者の血痕が残っていた。この店には過去3回、時計を売るために訪れていたという。