[PR]

 昨年末、「ホルモン」を焼いていて焼き肉店が燃える火事が相次いだ。脂がのったホルモンをあぶってタレを付け、ご飯にポンポンとバウンドさせて食べるのは確かにうまい。だが、注意も必要なようで……。

 昨年11月下旬、名古屋市中区の焼き肉店で、客6人が食べ放題のホルモンを焼いていたところ火柱が上がった。火は客席の排気ダクト内のすすに燃え移ったとみられ、店は全焼。客は「時間制限があり、大量にホルモンを焼いた」と話した。12月初旬には、東京・渋谷の雑居ビルにある焼き肉店でも火事が発生。七輪の火が、ホルモンなどの脂がこびりついたダクトを通じて燃え上がった。

 全国焼肉協会(本部・東京)によると、ここ10年ほど脂身の人気が高く、脂を多く残した肉を出す店が増えている。小腸(マルチョウなど)や大腸(テッチャンなど)は焼く際に炎が上がりやすく、食べ放題でもとを取ろうと一気に焼いたりする時が危ないようだ。東京消防庁は、焼き肉店など火を扱う厨房(ちゅうぼう)設備がある飲食店が注意すべき点として、火源と可燃性のものを近づけないことや初期消火への備えなどを挙げる。

 さらに重要なのが排気ダクトの点検・清掃だ。総務省消防庁によると、2016年の1年間で、バーなどをのぞく一般飲食店であった建物火災は全国で985件。うち8件の火元が排気ダクトだった。ここ5年をみても、排気ダクトが火元となった火災は年間で平均10件超起きている。

 焼き肉テーブルなどを製造販売する「野田ハッピー」(千葉県)の珍田(ちんだ)米夫社長(70)によると、排気ダクトには大きく分けて、テーブルの上から煙を吸い込む「上引き」と、網の下から吸い込む「下引き」がある。都道府県の条例では、熱を感知するとダクト内でふたが閉まって酸素の供給を止め、それ以上、ダクトの中で火が広がらないようにする装置や設備の清掃などが義務づけられている。しかし、そうじを怠ると熱を感知する部品をすすが覆い、作動しにくくなる。珍田社長は「ホルモン人気で、ダクト内の汚れやすすが油分を多く含み、引火しやすくなる可能性はある」と話す。同社は清掃しやすい部品を作っているが、普段の手入れが重要だという。

 火事になった渋谷の店の運営会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら