[PR]

 豊橋市をホームタウン(活動拠点)とする男子プロバスケットボール・Bリーグの三遠ネオフェニックスが観客動員で苦戦している。ホーム試合の入場者数はここまでB1の18チーム中の16位。1試合平均では昨季から300人近く減った。20日に再開する後半戦での巻き返しを目指すという浜武恭生社長(42)は「リーグの足を引っ張っている」と危機感を募らせている。

 ――減った理由をどう考えているか。

 「昨季はBリーグ元年で、チルドレスというNBA(米プロバスケットボール協会)の選手もいて話題性があった。今季は優勝を狙って強化費を増やしたが、けが人が多くて去年のようなスタートダッシュができなかった」

 ――昨季は強豪の川崎にホーム…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース