[PR]

 山形市の住宅建築会社シェルターが、火事になっても焼け落ちない「3時間耐火」の木の柱を開発した。昨年12月22日付で国土交通大臣認定を取得し、15階以上の建物に求められる基準をクリアした。すべて木造のビルや大型施設の建築が可能になる技術だという。

 山形市内で記者会見した木村一義社長(68)によると、角材の柱に石膏(せっこう)ボードを巻き、その上に木材を貼り付ける3重構造の柱。約千度の炉で3時間燃やした実験でも、表面の木と水を含む石膏が柱を守った。そのまま9時間放置した後も、中の角材には焦げ目が付いていなかったという。

 同社はこの仕組みで2009年に特許を取得。13年に「1時間」、14年に「2時間」の耐火柱や壁などを作った。今回の「3時間」で建築基準法上も高層建築を木造にできるという。木村社長は「日本には、神社仏閣など世界に冠たる木造建築の伝統がある。防火性、安全性が求められる近代建築でも、木造のまちづくりを進められる」と話す。

 同社は一般社団法人日本木造耐…

この記事は有料会員記事です。残り222文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース