[PR]

 自宅で次女を殺害したとして、警視庁は15日、東京都練馬区豊玉中3丁目、無職増田幸平容疑者(74)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「娘の将来を悲観して殺してしまった」などと供述しているという。

 練馬署によると、増田容疑者は15日午前、自宅アパートの一室で、次女で無職の絵美子さん(37)を何らかの方法で殺害した疑いがある。同日午前9時15分ごろ、署を訪れて「マフラーで娘の首を絞めて殺した」などと自首したという。

 増田容疑者は妻(67)と絵美子さんとの3人暮らしで、妻は当時、仕事で外出していた。妻は絵美子さんについて「情緒不安定な面があった」と話しているといい、署が詳しい動機を調べている。