[PR]

 東京都に住む会社員女性(30)は中学2年生で腎不全になり、毎日自宅で人工透析をしながら学校に通った。

 授業は体育もなるべく級友と同じように受けた。マラソンなど激しい運動はできないが、水泳やバスケットボールなどをした。周囲も特別扱いをしないよう気を使ってくれた。部活のバドミントンはマネジャーとして続けた。

 だが、通院や体調の不良で学校は休みがちになる。食べ物の制限が多いこともつらかった。リンやカリウムの多い乳製品はあまりとれない。大好きな牛乳も少ししか飲めなくなった。夜は早めに食事をとり、透析の準備をしなければならない。高校生になったらアルバイトをしたかったが、このままでは到底無理だった。

 3年生になり、家族や主治医と相談して体調が落ち着いたら、腎臓移植を受けることにした。検査で、母親(62)から腎臓を提供してもらえることがわかった。

 高校1年生の7月、当時清瀬市…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら