拡大する写真・図版 現在の京都市バス

[PR]

 観光客の増加で混雑が深刻化している京都市バスについて、同市は現行の「後(うしろ)乗り・前降り」から「前乗り・後降り」に変更することを決めた。これに伴い、運賃も現在の降車時から、乗車時の「先払い」に。乗客の降車をスムーズにして混雑の緩和と定時運行をねらったもので、実現すれば約半世紀ぶりの「方向転換」となる。

 市バスは長年、後ろ扉から乗車し、前扉から降車する際に運賃を払う方式を採用してきた。しかし市交通局によると、急増する訪日客が不慣れなためか、近年は運転手がいる前方に人が集まりがちに。支払いに手間取ることもあり、混雑やダイヤの乱れの一因になってきた。

 そこで、乗客に前から乗り運賃を先に払ってもらって後方に導き、そのまま降ろすことで改善できないか、昨年10月以降、複数の週末に実証実験した。対象は、JR京都駅から清水寺、祇園、銀閣寺などを巡り、観光シーズンには最も混雑する「100号系統」の全便。

 その結果、1人当たりの平均乗降時間は調査前より0・2秒短縮。各停留所での停車時間も平均で約2割にあたる11・5秒、減らせたという。乗客も半数以上が前乗りに好意的な評価で導入を目指すことにした。

 対象は全83路線のうち、均一…

この記事は有料会員記事です。残り726文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り726文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り726文字有料会員になると続きをお読みいただけます。