[PR]

 中川雅治環境相は16日、経団連の榊原定征会長らと会談し、「我が国が進める石炭火力の海外展開に強い批判もある」などとして、地球温暖化への悪影響が強い石炭火力発電からの脱却を呼びかけた。中川氏は石炭火力に厳しい姿勢を強めており、経済界のトップに「直訴」した形だ。

 同日朝の環境省幹部と経団連との懇談会で、中川環境相は「世界のビジネスも政治も確実に脱石炭に向かっている」と指摘。「我が国も脱石炭にかじを切らなければ、資金調達が困難になり、グローバルなサプライチェーンから外されてしまう懸念がある」と述べた。

 排出量取引制度など、二酸化炭素排出に価格を付け削減を促す「カーボンプライシング(炭素の価格化)」についても、「今や世界の潮流と言っても過言ではなく、(日本も)着手すべき課題だ」と促した。ただ、非公開の場で、経団連側から慎重な意見が相次いだという。(小坪遊