【動画】会見で2月に行われる公式戦初対戦について話す羽生善治竜王と藤井聡太四段=小玉重隆撮影
[PR]

 将棋の羽生善治竜王(47)が、16日に東京都内であった竜王の就位式に合わせ、挑戦者を決める決勝トーナメントに進出した藤井聡太四段(15)と一緒に記者会見に臨んだ。2月に別の棋戦で公式戦初対戦が決まったことに対し、そろって意気込みを語った。

 14日にあった朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦トーナメント準々決勝で、藤井四段は佐藤天彦名人(30)を破る快挙を果たし、準決勝で羽生竜王と対戦することが決まった。羽生竜王は「どこかで顔を合わせるとは思っていたが、こんなに早く実現するとは。驚いている」。14日の藤井四段の1回戦と準々決勝の将棋については、「非常に内容が良く、少しずつリードを広げる内容で感心した」と語った。そして、「実際に対局して(藤井四段の将棋を)体感するのは楽しみ」と話した。

 藤井四段は1次予選から8連勝して4強入りした。「羽生竜王と対戦の機会を得ることができて、とてもうれしく思っている。熱戦が演じられるように頑張りたい」と語った。13日、羽生竜王が2連勝して4強入りを決めた将棋については、「懐が深いと感じた。自分にないものを持っている」と話した。

 羽生竜王は昨年12月、竜王のタイトルを奪取し、史上初の「永世七冠」を達成した。両者は非公式戦での対戦があり、1勝1敗だ。(村瀬信也)

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース