[PR]

 中学の運動部活動をめぐり、スポーツ庁は16日、活動時間を「長くとも平日2時間、休日は3時間程度」とし、「週2日以上」の休養日を設けるガイドライン案を有識者会議に示した。高校については「準用を期待する」としている。有識者会議はこの日、上限時間の設定をおおむね了承し、ガイドラインを3月に正式にまとめる予定だ。

 運動部活動は長すぎるとけがのリスクが上がり、練習の効率も悪くなるうえ、教員の長時間勤務につながる。このため、ガイドラインの骨子案は活動時間や休養日の目安を示し、「短時間に合理的な活動を行う」よう求めた。ただ、「相当に能力のある指導者でないと、野球では2時間で(練習を)収めるのは無理だ」(元プロ野球選手の小宮山悟委員)との意見も出た。

 ガイドラインに法的な拘束力はないが、各教育委員会や学校には内容を参考にした対策が求められる。骨子案は、教員が指導の質を上げるための研修や、外部の部活動指導員向けの研修を進めることなどを教委に求めている。顧問に毎月の活動計画や活動実績を校長に提出することを求める内容も入ったが、「教員の新たな負担になる」と指摘する委員もいた。

 長時間の部活動がある一方、体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら