[PR]

 十和田八幡平国立公園に指定されている青森市の八甲田山系の樹氷が、ピンク色の蛍光スプレーで落書きされていたことが分かった。樹氷数本と周囲の雪面約100平方メートルにわたって英語や中国語で「誕生日おめでとう」などと記されていた。

 現場は八甲田ロープウェーの山頂公園駅(標高1324メートル)周辺で、14日午後1時ごろにスキーヤーから「樹氷にいたずらしている男女がいる」とロープウェーの運営会社に通報があった。同社によると、男女は外国人観光客とみられ、日本語や英語、中国語で会話し、スキーヤーが注意してもやめなかったという。落書きはその日のうちに職員が約1時間かけて消した。