写真・図版

[PR]

 心臓や大動脈の外科手術の種類ごとの死亡率や合併症の発生率が、全国の医療機関から集まるデータを基に公表された。医療の質の向上を図るためのデータベース事業の成果で、死亡率が高い施設に技術的な助言をするプロジェクトも始まっている。施設ごとの治療成績の開示が検討課題となりそうだ。

 公表されたのは、心臓血管外科学会内の日本心臓血管外科手術データベース(JCVSD)に集まった症例を分析したもの。2003年に本格的に始まった事業で、17年は成人の手術は578施設が参加。患者の情報など1人あたり約300項目を登録する。

 今回の対象は、13~14年に行われた手術の治療成績。例えば、心臓に血液を送る冠動脈が狭くなった患者へのバイパス手術(約3万2千件)の死亡率(術後30日以内もしくは入院中に死亡した患者の割合)は待機手術で2%、緊急・準緊急手術で8・2%だった。また、合併症の発生率は、「出血」が待機手術で1・6%、緊急・準緊急手術で3・1%、「脳梗塞(こうそく)」が同じく1・5%と2・9%だった。

 当初からデータベースづくりに関わってきたJCVSD代表幹事の高本眞一・三井記念病院長は全体の治療成績について、「同様のデータベースがある欧米と比べて遜色はなく、胸部大動脈の手術に関しては優れている」と話す。

 施設間でばらつきがある治療成績の底上げを図り、心臓血管外科学会は13年から「医療の質向上プロジェクト」を始めた。

 死亡率は、手術チームの技量だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら