[PR]

 高校生で腎臓の移植手術を受けた東京都に住む会社員女性(30)は2012年3月に結婚した。

 その前年、都立小児総合医療センター(府中市)で腎臓の組織の一部をとって調べる検査を受けた。移植を受けて10年目で、定期的な検査は最後だった。

 臓器移植科の主治医、佐藤裕之さん(46)と雑談をした。「今度、結婚するんです」と話すと、佐藤さんは「出産するなら早くした方がいいです」と言った。

 移植された腎臓はよく働いていた。だが、10年を過ぎると徐々に悪くなる場合がある。腎臓の機能が悪いと妊娠しにくい。妊娠自体も腎臓の負担になる。機能が落ちてからの妊娠はリスクがある。「えっ、そんな話は聞いていない。今でないと産めないかも」。さほどでもなかった子どもがほしい気持ちが急に強くなった。

 だが、すぐには妊娠できない。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら