[PR]

 マレーシアのナジブ首相は16日、シンガポールでリー・シェンロン首相と会談し、シンガポールとマレーシアの南端部を結ぶ通勤鉄道の建設で最終合意した。

 新たな路線は、マレーシア南端の都市ジョホールバルとシンガポールを結ぶ約4キロ。2024年末までに運行を始める予定だ。ジョホールバルはシンガポールから近く、物価が安いため、シンガポールで働く人も多く暮らす。

 マレーシアとシンガポールは両国を結ぶ約350キロの高速鉄道を建設することにも基本合意しており、今年末にも工事の落札先が決まる見通しだ。

 リー首相は会談後の会見で「通勤鉄道が完成すれば多くの通勤者を助けることになり、マレーシア南部の経済にも良い影響が出るだろう。両国の関係はさらに深まっていく」と述べた。(シンガポール=守真弓)

こんなニュースも