[PR]

 自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長は17日午前、東京都内で会談し、平昌冬季五輪の開会式への安倍晋三首相の出席について「隣国で行われるスポーツの祭典である」として出席が望ましいとの認識で一致した。政府が出席するかどうかを決める際、国会日程が支障とならないよう調整を進めることも確認した。

 開会式は2月9日で、衆院予算委員会で来年度予算案の審議が行われる時期に重なる見通しだ。自民党の森山裕国会対策委員長は会談後、記者団に「政府の決定に国会日程が邪魔になることがないようにしたい」と説明。野党側にも理解を求め、必要に応じて協議する考えを示した。

 首相の開会式出席は韓国側が求めているが、慰安婦問題の日韓合意をめぐって韓国が新たな方針を示したことで、政府内には出席は難しいとの見方もある。首相は「国会日程を見ながら検討したい」と述べ、態度を明らかにしていない。