[PR]

 原発事故後の県の県民健康調査で見つかった小児甲状腺がんは、ある一定期間、悪化が止まっている例が多いとする研究結果を、緑川早苗・県立医大准教授(内分泌内科)らのグループが発表した。

 時間の経過にともない一様に大きくなるのではないとの見解を示したもので、グループは、腫瘍(しゅよう)に転移などがないとみられる場合は、過剰な治療を避けるために「即座に診断をせずに経過観察することが必要だ」と結論づけている。

 グループは、事故当時おおむね18歳以下が対象になる県民健康調査の甲状腺がん検査1巡目で、がんかがんとみられる腫瘍などが見つかった116人(うち女性77人、平均年齢16・9歳)のデータを分析。1次検査から2次検査まで観察期間中の、腫瘍の大きさの変化を調べた。

 甲状腺がんは、大人では長期間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら