[PR]

 ポスターの「挑戦」の文字が、上下ひっくり返すと「勝利」に見える。そんなポスターを唐津市の競艇場「ボートレースからつ」が作り、話題になっている。「ギャンブルだけでなくスポーツやイベントという面もあるボートを、いろんな角度から見てほしいという思いを込めた」と担当者。

 24~29日にあるGⅠ全日本王者決定戦をPRするポスター。アンビグラムという手法の文字で、富山市出身のデザイナー野村一晟さんが手がけた。「最強」を逆さにすると「戦場」に見えるパターンもある。

 写真には、日本モーターボート選手会佐賀支部の深川真二、峰竜太両選手が昨年、別々のレースでそれぞれ初優勝した場面を採用。同じポスターを上下逆にして2枚並べると、場面がつながって見える仕掛けも施した。

 昨年末から全国のボートレース場や唐津市の飲食店などに張り出すと、SNSで話題に。福岡空港―西唐津を結ぶ福岡市営地下鉄とJR筑肥線の車内でも、22日まで中づり広告として掲示している。