愛知)クラシック演奏会、赤ちゃんも入れます

有料記事

豊平森
[PR]

 赤ちゃんも一緒に生のオーケストラをどうぞ――。乳幼児のママやパパにもクラシック音楽を親子で楽しんでもらおうと23日、名古屋フィルハーモニー交響楽団(名フィル)による「0歳からの福祉コンサート」が東海市の市芸術劇場の大ホールで開かれる。市と市教育委員会の主催で、障害者約150人も招待する。「みんながみんなを受け入れる」「心のバリアフリー」がコンセプトだ。

 クラシックコンサートでは通常、演奏中の音や声はマナー違反とされ、乳幼児が入れない場合がほとんど。音楽が好きでも、子育て中に足が遠のいてしまう人は少なくない。

 今回のコンサートを思い立ったのは、劇場芸術総監督の安江正也さん(50)。新日本フィルハーモニー交響楽団(東京)で事業部長を務めたこともある。2015年秋にオープンした同劇場の設計段階から関わり、利用者向けの託児施設も設けた。

 目指すのは、誰でも気軽に音…

この記事は有料記事です。残り708文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!