[PR]

 化粧品や美容関連製品で、メーカーが従来とは異なる広告宣伝を始めている。キーワードはSNSなどネット活用の拡大だ。芸能人を使った大々的なテレビCMなどだけでは若い世代にアピールしきれなくなっており、ネットでの拡販に加え、商品開発につなげる動きも出ている。

 資生堂は女子高生ら10代向けの化粧品などの新ブランド「POSME(ポスメ)」のPRにインスタグラムやツイッターを活用している。開発には実際に女子高生も加わりSNSで意見交換。完成した商品は、女子高生自身にSNSで発信してもらう。「彼女たちの口コミ力はすごい」(広報)

 POSMEは、資生堂が1980年代以降生まれの世代を狙って立ち上げた新ブランドの一つ。昨秋から計3ブランドを立ち上げ、いずれもSNSを商品開発や宣伝に活用している。一方で有名女優らによるテレビCMは予定していない。

 先行したブランド「レシピスト」は、ツイッター上などで化粧水や乳液などのニーズを分析して開発した。商品はネットでのみ注文を受け付ける。

 資生堂はこうした手法を「スマ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも