[PR]

 受験生を応援しようと、宿毛市内のパン会社と洋菓子店でつくる団体「サクラサク」が17日、市立小筑紫中学の3年生10人にパンや焼き菓子のセットを贈った。学校近くにある菅原道真ゆかりの七日島天満宮で13日に祈禱(きとう)してもらった学業成就のお札も添えた。

 セットは、「祝」の文字が描かれた紅白の羊かんパン(菱田ベーカリー)、白星ごぅかくっきぃ(洋菓子店タン・プル・タン)など。パンはイチゴあんと白あんを入れ、この日のために作った。白星ごぅかくっきぃは、小夏味のクッキーにホワイトチョコレートをコーティング。合格の語呂合わせで五角形に。3月中旬まで同店で販売する。

 プレゼントは今年で4回目。島田義富校長によると、昨年も16人全員が志望校に合格した。今年は高知高専や宿毛高、宿毛工業高、中村高など6校を10人がめざしている。

 セットを受け取った佐竹美紅(みく)さん(15)は「人数が少ない小規模校ですが、いろんな人から愛されていることがよくわかりました。これをお守りとしてみんなが頑張れたらいいなと思います」と笑顔で話した。(菊池均)