【動画】平昌五輪の公式記念コイン記者発表会に登壇したプロフィギュアスケーターの高橋大輔さん=浅野有美撮影
[PR]

 2010年バンクーバー五輪のフィギュアスケートで日本男子初のメダルとなる銅を獲得したプロスケーターの高橋大輔さんが17日、東京都内で開かれた平昌(ピョンチャン)五輪公式記念コインの記者発表会に登壇し、「このコインのように金メダル目指して頑張ってください」と代表選手へエールを送った。

 えんじ色のネクタイにスーツ姿で登場。バンクーバー五輪を振り返り、「国旗が揚がっていくシーンは今でも覚えています。メダルが取れると思っていないくらい、ぎりぎりのところで戦っていたので、そのときはほっとしたりうれしかったり、本当にメダルを取れたのかなと思ったりと、いろんな気持ちが渦巻いていました」と語った。

 平昌五輪代表で、右足首のけがからの復帰を目指す羽生結弦(ANA)については、「僕も14年ソチ五輪前にけがをした。(平昌五輪まで)1カ月しかなく、不安や焦りが大きいと思うけど、精神面のコントロールさえできれば、大丈夫ではないか。逆境を力に変えられる選手。見守ってあげたい」と話した。

 また、高橋さんは「男子の羽生選手、宇野(昌磨)選手(トヨタ自動車)はトップ2で行ける可能性も出てきている。今まで日本男子がメダル二つを取ることは考えられなかった。そういうことが現実に起こるんじゃないかな、と思う。ぜひ、やってほしい」と期待した。

 記念コインは韓国造幣公社が鋳造、韓国銀行が発行し、輸入元は泰星コイン(東京都豊島区)。販売するのは金貨3種類(税込み54万円、同28万800円)と銀貨4種類のセット(同4万9680円)。金貨には韓国の伝統行事をモチーフにしたデザインなどが、銀貨には日本のメダルが期待されるフィギュアスケートやスキージャンプなどが描かれている。1月22日から全国の主要銀行などを通して予約販売を開始する予定。