[PR]

 千葉市美浜区の市立海浜病院で、建物の老朽化が患者に影響を及ぼしかねない事態になっている。昨年12月には工事などに伴い手術の制限を一時検討した。本格的に改修するか、別の市立病院と統合するか――。市は来年度、厳しい経営が続く二つの市立病院のあり方について本格的な検討を始める。

 海浜病院は1984年10月に開院。病院によると建物は耐震基準を満たしているが、天井から水漏れしたり、暖房用の温水を通す空調配管に穴が開いたりするなど、ここ2、3年で給排水の配管設備の傷みが激しくなったという。

 昨年度の水漏れのトラブルは150件以上で、日常的に修理が必要な状態。結露を防ぐために冷房用の配管のまわりに巻いた断熱材が水を吸いすぎて、廊下や検査室の天井の一部が抜けたケースもあった。

 昨年11月には、病棟の建物脇…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら