[PR]

 中学受験を考えるなら英語も必要――という時代が近づきつつある。英語は、2020年度から全面実施される新学習指導要領で正式な教科になり、現在の小5が受けることになる「大学入学共通テスト」からすべて外部検定試験に変わる。首都圏では、今年も「英語入試」を導入する私立中が増えている。英検2級、準1級レベルを求める学校もあるが、進学校まで「英語入試」は広がるのか。

 昨年11月、都内で開かれた大手進学塾主催のシンポジウム。国公私立の高校の校長らが登壇し、新しい大学入試への取り組みなどを議論する中、開成中(荒川区)が「英語入試」について学内で検討していることが、話題にのぼった。

 柳沢幸雄校長は「中学入試に英語を入れると決めたわけではない。導入するとしたらどんな形が考えられるかを、学内で研究している段階だ」と言う。

 新指導要領によって小3から外国語活動、小5から正式な教科として学んだ子が、4年後には中学受験の時期を迎える。とはいえ、小学校の英語教育は、地域や学校、外国人講師の配置、教師、授業の形態などでかなり差が出る。

 「帰国生など十分な英語力を持…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも