[PR]

 3月11日の香港立法会(議会)の補欠選挙をめぐり、中国に批判的な若者が中心の政党「香港衆志」常務委員で、大学生の周庭(アグネス・チョウ)氏(21)が18日、選挙管理委員会に立候補を届け出た。選管は反中国的な人物の立候補を受理しない方針のため、周氏の出馬が認められるかが焦点となっている。

 香港の選管は16年の立法会選挙から、「香港は中国の不可分の一部」と定めた香港基本法を守るとの確認書への署名を義務づけ、立候補予定者を審査する仕組みを導入した。中国政府の強い意向を反映した措置とされ、香港独立を主張して署名を拒否した人に加え、署名したものの、過去の言動などから同法を守る意識が乏しいとみなされた人も出馬が許可されなかった。

 周氏は18日、署名済みの確認書を選管に提出し、記者団に「香港人は誰でも選挙に出る権利を持っているはずだ」と主張した。

 香港衆志は、香港の未来は香港人が決めるという「民主自決」を党の綱領に掲げている。香港メディアは「民主自決には香港独立という色彩が含まれている」とする消息筋の見解を引用し、周氏の立候補が認められるか不透明だと伝えている。

 周氏は2014年の民主化デモ「雨傘運動」の際、民主的な行政長官選挙の実現を求めた中高生中心の学生団体に所属し、「女神」と呼ばれた。

 周氏が立候補を予定している香港島選挙区には、周氏を含む3人が出馬を表明している。16年の選挙では、香港衆志を含む民主派と、親中派の候補者の得票数がほぼ拮抗(きっこう)しており、周氏の立候補が認められれば、有力候補となりそうだ。(香港=益満雄一郎)

こんなニュースも