[PR]

 瀬戸市の品野陶磁器工業協同組合は、瀬戸焼の窯元14社と新ブランド「SETOYAKI」を立ち上げ、31日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれるギフトショーに出展する。伝統的な瀬戸焼の技法に現代的な要素を加え、3年がかりで新しいデザインの器を完成させた。14社が同じ商品を製造し、産地全体の活性化を図る。

 同組合は2015年7月、衰退する産地の再生を目指し、「セトヤキ リ・ブランディングプロジェクト」を発足させた。名古屋市中区でうつわのセレクトショップ「make my day」を経営する岡上慎司さん(42)にプロデュースを依頼した。

 岡上さんは会社員だった15年間、ベビー用品などのバイヤーやマーケティングなどを担当。13年12月に脱サラし、器のオリジナル商品を手がけた際、品野地区の窯元に製造を依頼したことがきっかけで、プロデュースを担当することになった。

 当初参加を表明した二十数社の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら