[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が19日、大阪市福島区の関西将棋会館で、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の8回戦に臨み、矢倉規広(のりひろ)七段(43)に77手で勝った。同組の対局は10局あり、これで8連勝。一つ上のクラス「C級1組」への昇級に、また一歩、近づいた。

 午前10時に始まり、終局は午後7時53分。先手番の藤井四段は居飛車穴熊、後手番の矢倉七段は四間飛車(しけんびしゃ)。両者、得意の戦型だったが、藤井四段が玉の堅さを生かし、攻め勝った。終局後、藤井四段は「残り2局の結果にかかっている。気を引き締めて臨みたい」と話した。

 C級2組は、名人戦につながる順位戦(A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組)のうち、最も下のクラス。2017年度から参加している藤井四段は、C級2組から出発している。今期のC級2組には50人が参加。それぞれ10局指し、成績上位の3人が、一つ上のC級1組に昇級できる仕組みだ。

 藤井四段のデビューからの通算成績は59勝11敗。2017年度の成績は49勝11敗となった。今年度の将棋界の記録4部門(対局数、勝ち数、勝率、連勝)で1位を独占するかどうかも注目される。(佐藤圭司)

こんなニュースも