[PR]

 毎年冬に流行し、激しい嘔吐(おうと)や下痢を引き起こすノロウイルス。感染力はとても強く、集団感染や食中毒を引き起こしやすいため、注意が必要です。

 ノロウイルスは、1968年に米オハイオ州ノーウォークの小学校で起きた集団胃腸炎の患者から初めて見つかりました。「小型球形ウイルス」や「ノーウォーク様ウイルス」と呼ばれていましたが、2002年の国際ウイルス分類委員会で「ノロウイルス」という名前が決まりました。

 感染者の便や吐いた物に含まれるウイルスが手や食品についたり、乾燥して空気中に舞い上がったりして口から体内に入ることで感染します。ウイルスに汚染されたカキなど二枚貝を加熱が不十分な状態で食べても感染します。

 感染力は強く、100~1千個ほどのウイルスが体内に入ると発症します。ウイルスは腸の中で増殖。1~2日後に吐き気や嘔吐、腹痛、下痢といった症状が出ます。症状は2~3日で治まることが多いですが、下痢は1週間ほど続くこともあります。

 患者の便1グラムには1億個以上、吐いたものの中にはその10分の1から100分の1ほどのウイルスがいるとされます。下痢が治まっても1週間ほどはウイルスを出し続けるので注意が必要です。

 治療は対症療法が中心です。北…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら